webエンジニアに求められる高い生産性

web制作の分野において活躍しているwebエンジニアにはその基本的な素養としてweb上で動作するプログラミングのスキルを有していることが要求される。比較的よく用いられるのがphpとjavaであり、これらの習得が求人募集において要件として掲げられていることも多い。

一方で、高度なプログラミングスキルが要求されるというよりはむしろ生産性高くプログラミングができる人材であることが必要とされることが特徴的な面である。多くのWeb制作においては革新的なプログラムを制作する必要性があまり高くはない。ショッピングシステムの構築や動画広告のストリーミングの挿入、アクセス解析やユーザーのアクセス履歴の解析といったある程度パターン化されたアルゴリズムが必要とされるため、それらを手早く組み込める能力の方が重要になる。そういった生産性の面を重視した求人が多いことから、必ずしも実務経験は要求されないものの、実際に使用する開発言語の習得が要求されることが多いのである。

新規性が要求されるようなシステムやプログラムの開発が必要になった場合には、業務を通して経験を積んできたベテランのwebエンジニアがそれを担う場合もあれば、フリーエンジニアに依頼して該当箇所のみを制作してもらう場合もある。そういった形で必要となる頻度の低い高度な仕事は処理し、常日頃から需要のある生産性の高い人材を優先して雇用する傾向が強いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です